ソナレセンブリの咲く荒磯

24日 ソナレセンブリが咲く荒磯へ二年振りの訪問です
今年の天候不順で険しい荒磯に咲く小さな花「ソナレセンブリ」は元気だろうか⁇
早起きしていそいそと出かける…

この不思議な大岩は未だ健在だった



↓ ソナレセンブリ…紫色の縞模様がお洒落な花
荒磯の厳しい場所でしか咲く事ができない可愛そうな子 何時までも元気に咲き続けて欲しい



↓ ヤクシソウ…終盤ながらまだまだ元気で鮮やかに

場所を移動して更に険しい荒磯の岩場 足を滑らせて落ちたら命は無い~(*´Д`)
今年は台風と長雨のせいか踏み跡が無く心細い
…やっとの思いでソナレちゃんの咲く場所へ辿り着きホッと一安心

 ソナレセンブリ…ちょっと遅かったようだけど会えただけで満足





ソナレちゃん…今年は花数が少ない年々場所も荒れ住みくくなってきてるんだろうか⁇
別れを惜しみつつ爪木灯台へと歩いていきましょう

今回は灯台方面ではなく「須崎遊歩道」をの~~んびりと散策

海岸沿いの遊歩道は荒波が打ち寄せトンビが上空を餌を求めて舞い楽しい


岩場では「イソギク」が出番を待ってる

宿に入るにはまだ時間があるので「恵比寿島」へ寄り道しましょう「海底火山の記憶を残す信仰の島」
この橋を渡って向こう側にある島の遊歩道をぐるっと一周します

入り口で早々に出迎えてくれた「トンビ」案内を宜しくねっ!!



爺ちゃんが「魚」に見えるな~って ご覧いただいた皆さんは如何でしょう⁇

島の頂上には「恵比寿神社」があり 
古墳時代から奈良時代までの祭祀跡が発見され「夷子島遺跡」として下田市の文化財にしてされてる   

そして島の頂上付近には「恵比寿島指向灯」もあります

島の周囲は千畳敷で磯釣りやシュノーケリング等が楽しめ
夏休みともなると大勢のちびっ子達の磯遊びのスポットしても絶好の場所である