直線上に配置

「あいさ」ってなぁ〜に?

「あいさ」って日進市の方言で「あいだ」のこと。
物と物 人と人 の「あいさ」に入って、
使わなくなった子ども用品を、必要としてる方へ
橋渡しができたなら。。。
そんな、お店になりたいな と 願って名付けました。





システムは?


1.ご連絡をいただくと、使わなくなった子ども用品を     
玄関まで引き取りに、うかがいます

引き取りは、日進市とその近郊です
無料ですが、品物や状態によっては
    いただくのを、お断りすることもあります
    直接、お店に持込まれても、受付けますが
       お断りする品もありますので、ご了承ください



   
 2.いただいた品を 点検・修理・清掃 します
 
          
    
気持ちよく・安全に使っていただけるように
          細心の注意と手間をかけようと、心掛けています
                



3.種類に分けて値段をつけます            

 
“ワイワイ”相談しながらつけてます
       よく、孫に買ってあげるなら、このくらいの
値段かな?なんて話してます 


4.店に並べ、販売します 

営業時間−AM9:00〜PM4:00   定休日−月曜日・年末年始 




すべての作業を、日進市シルバー人材センターの
会員(日進市の高齢者)が、行っています。
日進市シルバー人材センターとは、公共的・公益的な団体で
愛知県知事の許可を受けた社団法人で、
地方公共団体及び国の補助事業です。
おおむね60歳以上で、健康で働く意欲のある方が
会員となり、自主的な会員組織を行なっています。
このリサイクルショップ「あいさ」も高齢者の就業機会の確保のひとつとして、
また今深刻な問題となっています、ゴミの減量に高齢者パワーが
お役に立つことを目標として、始められました。
平成11年11月3日に開店しました、現在約15名の
会員が就業(働き)し、1ヶ月に約3,000個の品が
使わなくなった”方から“必要とされてる方”へ渡っています。
これも品物を提供してくださる方と、それを買い求めてくださる方の
ご理解とご協力のおかげだと、感謝しております。






直線上に配置