摩擦圧接機の日東制機。ホーム画面へリンク 日本 [変更]|お問合せ

最適な摩擦圧接機をご提案する  日東制機株式会社
|ホーム |摩擦圧接とは? |製品情報 |マシン導入例 |サポート情報 |会社情報 |マップ
ホーム > 製品情報 > 摩擦圧接機 FFL (低価格モデル)

| 摩擦圧接機 FFL (低価格モデル)

FFLシリーズ』 は、新興国向け低価格戦略の摩擦圧接機として開発され、コスト競争力を高めたエントリーモデルでありながら高品質、耐久性、使いやすさにこだわり、高精度な摩擦圧接が可能なモデルです。多くのお客様がお求めやすいように弊社従来機種(FFスタンダードモデル)に比べ約4割抑えました。

機種名 FFL-30II
価   格 JP\13,800,000.(本体標準価格・消費税別)

特   長 1. 高品質で接合後の高い寸法精度を実現
2. 高いコストパフォーマンス
3. 品質確認機能を標準装備し、高度な品質管理が可能
全面的に構造の簡素化を図るとともに、機能を必要最小限に絞り込むことで低価格を実現するとともに、部品の共通化と点数減により納期短縮を図ります。まずは、FFL-30II(推力14tonクラス)の1機種を市場へ投入し、将来的には機種を拡充していく予定です。
受託加工業者のご紹介
小ロット生産や試作テストなど摩擦圧接の受託加工のご相談は、こちらの業者へご相談下さい。

構造

マシンベース
強靭な鋼板溶接構造となっており、高い耐久性と高品質な摩擦圧接プロセスを支えます。
 
 

主軸
独自の軸受設計で、高回転・高推力に対し抜群の耐久性を誇る。主軸筐体は本体ベースに固定し、耐久性を確保。
 
 

スライドテーブル
主軸筐に比べ軽量の水平バイスクランプをテーブル上に搭載し、スライド抵抗を低減、長寿命化を実現した。レールはリニアガイドを採用し、スライド抵抗を極力抑えています。 
 
 

インバータ・ブレーキ
主軸の回転停止はインバータのブレーキ制御で停止します。油圧部品を廃止しコストを低減しました。メンテナンス不要です。
 
 

主軸駆動システム
可変式電動モーターによりパワーベルトを介してダイレクトに伝達します。インバータ制御により任意の主軸回転数が設定できます。
 
 

チャック装置
回転側の素材把持は、3爪パワーチャックのみの設定となります。
 
 

クランプ装置
固定側の素材把持は、テーブル上の両開閉の油圧水平バイス式クランプで把持する。独自の構造により高精度で安定した把持を可能とした。
 
 

油圧のコントロール
電磁比例バルブを独自のプログラムで制御することにより、高精度な接合が可能です。
 
 

計器の集中配置による良好な視認性
各圧力計を集中配置することで、高い視認性とメンテナンス性を確保します。
 
 

前面手動スライドドア
作業者の安全を確保します。
 
 
 


入力支援

タッチ式操作パネルの採用
タッチパネルを標準採用し、対話形操作で 段取替え時の条件変更にも即座に対応。視認性に優れ快適に操作できます。
 
 

圧接条件データ登録・呼出し機能
データ数30件まで登録可能。登録済データの呼出しが容易で、瞬時に設定変更が出来ます。新規データ作成は既存データの再編集でらくらく変更可能。
 
 

スライドテーブル位置検出の数値設定
高精度磁気式スケールを採用。高精度な検出とともに、数値入力にて簡単に設定することができます。非接触型でメンテナンス不要です。
 
 

推力自動計算機能
ワークの外径・内径と各工程(P0・P1・P2)の単位面積当りの圧力条件を入力するだけで、プログラムが自動計算し、推力が設定されます。
 
 

主軸周速自動計算機能
ワーク外径と主軸回転数を入力するだけで、プログラムが自動計算し、主軸周速(もしくは主軸回転数)が表示・設定されます。径違いのワークで周速条件を合わせたい場合に大変便利な機能です。
 
 
 



品質確認

圧接品質確認機能 (品証機能)
接合品質に影響を与える因子について、毎サイクルの実行値を検出し、上下限管理値と比較し良否判定を行う機能です。もし、管理値から外れた場合は、不良品として機械を自動停止させて作業者にブザー音とメッセージ画面にてお知らせします。

【検出項目】  P1圧力、 P2圧力、 全より代、 摩擦時間、 素材長、 完成長
 
 
 


利便性

自動暖気運転機能
機械を長くお使い頂くために重要な暖機運転を自動プログラムが行ないます(主軸暖機とテーブルスライド往復暖機)。
 
 

省エネ性
一定時間タッチパネルや操作スイッチへの操作が無く、運転がなされていない場合は、一時的にポンプを停止させ、省電力をはかります。
 
 
 


保守性

手動グリスによるスライド部給脂
各スライド面へは手動グリスにより潤滑給脂を行ないます。
 
 

パワーベルトのメンテナンス性
モーター駆動を主軸に伝達するためのパワーベルトの張りは、機械ベース前面に開いているメンテナンス穴より確認できます。
 
 

主軸潤滑の圧力監視
主軸潤滑油の供給は、潤滑性の確保と冷却を兼ねており重要な役割があります。この供給圧の低下を圧力スイッチにて監視し、主軸の耐久性を確保します。
 
 

インバータ制御方式オイルコンを採用
作動油および主軸潤滑油の冷却は、省エネルギー型のインバータ制御方式オイルコン(オイルクーラ)を採用し、油温変動を抑え安定稼動に貢献します。
 
 

アラーム表示
機械の異常はタッチパネル画面にアラーム表示します。また、履歴をエラーログとして表示します。
 
 

標準工具
機械の段取り替えや日々のメンテナンスに必要な工具を標準で付属しております。
 
 
 


仕様表
横形
機種

FFL-

----- -----  30II ----- ----- ----- ----- -----
接合能力 軟鋼丸棒

(mm)

----- ----- ø10-ø30 ----- ----- ----- ----- -----
回転側
材料把持装置
3爪チャック
直径x長さ

(inch)
(mm)

----- ----- 8"
ø30x200
----- ----- ----- ----- -----
固定側
材料把持装置
2方締バイス
直径x長さ

(mm)

----- ----- ø60x300 ----- ----- ----- ----- -----
スピンドル 最高回転数

(rpm)

----- ----- 2000 ----- ----- ----- ----- -----
駆動方式

----- ----- ダイレクト
ドライブ
(可変式)
----- ----- ----- ----- -----
最大推力

(KN)
(TON)

----- ----- 137.2
14
----- ----- ----- ----- -----
テーブルスライド 駆動方式

----- ----- 油圧シリンダ 

電磁比例バルブ
----- ----- ----- ----- -----
ストローク

(mm)

----- ----- 250 ----- ----- ----- ----- -----
位置検出

----- ----- 磁気式スケール ----- ----- ----- ----- -----
油冷却方式 標準

----- ----- オイルコン
[インバータ制御] 
----- ----- ----- ----- -----
重量

(TON)

----- ----- 4 ----- ----- ----- ----- -----

このモデルで選択可能なオプション

爪治具及び推力受けストップピース
ワークに合せて専用設計致します(但し、本マシンへの素材取付可能寸法の範囲内での対応となります)。
 
 

ダウントランス
設置される場所の電圧に合せてオプションで選択が出来ます。現地電圧に合わせ降圧能力を選定します。
 
 

(注意)
本マシンではオプションで下記を選択することは出来ません。
 1.延長テーブル  2.中間クランプ  3.バリ切削装置  4.回転振止め装置  5.圧接現象出力端子  6.自動供給・排出装置
 
 

このページの先頭へ
本サイト掲載の仕様は品質向上のため予告無く変更する場合があります。
本サイトに含まれる記述・画像・動画等の一切の無断転用を禁止します。
Copyright© 2017 NITTO SEIKI CO., LTD. All Rights Reserved.