保険料の算定方法
 一人親方特別加入労災の場合、療養費(いわゆる治療費、診察料)は一般の労災と同じ取り扱いになります。一方、休業、傷害等の保険給付を受給する場合、一般の労災の場合は過去の給料等を基に給付日額が算定されますが、一人親方等特別加入の場合は算定の基礎となる給料がないので、加入する際にあらかじめその算定の基となる「給付基礎日額」を決めていただき、それを基に保険料が決まります。
【保険料の算定方法】
 給付基礎日額×365÷保険料率
   ※現在の保険料率は19/1000となります。
               給付基礎日額の範囲
 給付基礎日額は原則6,000円から20,000円の範囲内となっており、決め方としては前年の所得÷365日で算出された金額に近い基礎日額を選択するのが理想的ですが、選択は自由となっています。
 ただし、高い給付基礎日額を選択すると当然保険料も高くなります。

【選択できる給付基礎日額】
 6,000円  7,000円  8,000円  9,000円 10,000円
12,000円 14,000円 16,000円 18,000円 20,000円

               給付基礎日額別保険料一覧表
給付基礎日額別の保険料は次の表のとおりになります。
 保険料=( 給付基礎日額×365日×19 ) ÷ 1000

給付基礎日額 年間保険料
20,000円 138,700円
18,000円 124,830円
16,000円 110,960円
14,000円  97,090円
12,000円  83,220円
10,000円  69,350円
 9,000円  62,415円
 8,000円  55,480円
 7,000円  48,545円
 6,000円  41,610円
※当組合で手続きを行なう場合は別途組合費、手数料が必要となります
               組合費・手数料
  当組合を通じて一人親方特別加入に加入される場合以下の組合費、手数料が毎年必要となります。

  組合費・・・2,000円(年額)
  手数料・・・3,000円(年額)

※東郷町内で事業を営んでる場合は組合費が免除される場合がありますので
 加入続きの際にお問い合わせください。

               中途加入、脱退時の保険料
 労災保険は4月〜翌年3月までを1年度として保険料を計算します。
 5月〜3月までに加入した場合の保険料は概ね年間保険料の月割りになりますが、詳しい金額は担当者にお問い合わせください。
 また、中途脱退した場合も同様に月割りした保険料をお返しします。

               中途加入時保険料計算ツール
一人親方等特別加入に加入する際の中途加入時の保険料を計算するツールです。


【中途加入時の保険料計算】
加入月を選択してください。
給付基礎日額を選択してください。
このツールで計算された保険料は、端数処理の関係で実際の保険料と若干異なる場合があります。