労災保険と一人親方特別加入
 労災保険とは、労働者が仕事中にケガや病気等(業務災害)などに遭った場合、また通勤途上で事故(通勤災害)に遭った場合などに、国が被災労働者に保険給付を行なう制度です。

 ただし、この制度は労働者のためにある制度ですので、事業主・自営業者がこれらの災害に遭っても原則適用されません。
 しかし、一人親方にあっては実態としては労働者と同様に業務に従事することがあるので、一定の要件を満たせば加入できる特別加入制度があり、これを一人親方等特別加入といいます。
               加入条件             (当組合で手続きを行なう場合)
 建設業の事業を行なう一人親方であること
  (建設業の業種は問いません)
  (建設業以外の特別加入は扱っていません)
 
 常態として労働者を使用しないで事業を行なっている方
  (家族労働者は除きます)
 
 一人親方が行なう事業に従事する家族従事者等

 愛知県内で事業を営まれ、国内の現場に従事されている方
               加入制限
特別加入を希望する一人親方のうち、下記に記載されている「特別加入予定者の業務の種類」に応じて、それぞれの従事期間を超えて当該業務を行なったことがある場合には、特別加入の申請を行なう際に健康診断を受ける必要があります。
 また、診断結果によっては特別加入が認められない場合があります。
 詳しい内容については担当者までお問い合わせください。

特別加入予定者の業務の種類 特別加入前にさきの業務に従事した期間
(通算期間)
実施すべき健康診断
 粉じん作業を行なう業務 3年  じん肺健康診断
 振動工具使用の業務 1年  振動傷害健康診断
 鉛業務 6ヶ月  鉛中毒健康診断
 有機溶剤業務 6ヶ月  有機溶剤中毒健康診断