特別加入時に健康診断が必要な業務の種類の具体的な内容は次の表のとおりとなっています。
 ただし、業務の程度によっては、下記の作業に従事していても健康診断を必要としない場合がありますので、担当者までお問い合わせください。
               粉じん作業を行なう業務
1.屋外の土石、岩石、鉱物を粉砕する場所における作業
2.屋内等において行なう金属を溶断し、または、アーク等溶接の作業
  (自動アーク溶接は除く)
3.研磨材を用いて動力により金属等を研磨、ばり取り、裁断する場所における作業
4.セメント、フライアッシュ又は粉状の鉱石、炭素材料を乾燥し、袋詰めし、積込、
  又は積卸す場所における作業
等があります。

  じん肺法施行規則別表(じん肺法第2条関係)に定める作業
               振動工具を用いて行なう業務
1.次に掲げる振動工具(圧搾空気を動力源とし、又は内燃機関、電動モーター等の
  動力により駆動される工具で身体局所に著しい振動を与えるものに限る。)を取
  り扱う業務
 イ.さく岩機、ピッチングハンマー、鋲打機、コーキングハンマー、ハンドハンマー
   ベビーハンマー、コンクリートブレーカー、スケーリングハンマー、サンドラ
   ンマー、チェーンソー、ブッシュクリーナー、エンジンカッター、携帯用木材
   皮はぎ機、携帯用タンタンバー、携帯用研削盤、スイング研削盤、卓上用研削
   盤、床上用研削盤
 ロ.上記に掲げる振動工具と類似の振動を身体局所に与えると認められる工具
   
   労働基準法施行規則別表第1の2第3の号3に規定する業務
      有機溶剤又は有機溶剤含有物を用いて行なう業務
1.有機溶剤等を製造する工程における有機溶剤等のろ過、混合、攪拌、過熱又は容
  器若しくは設備への注入の業務
2.有機溶剤含有物を用いて行う印刷等の業務
3.有機溶剤含有物を用いて行う塗装の業務
4.有機溶剤を用いて行なう洗浄、接着等の業務
5.その他有機溶剤、有機溶剤含有物を用いて行なう各種業務等があります。

  労働安全衛生法施行令別表第6の2に掲げる有機溶剤又は有機溶剤中毒予防規則
  第1条第1項第2号の有機溶剤の含有物を用いて行なう業務

※有機溶剤とは主に以下のようなものをいいます。
 ○キシレン
 ○N・N−ジメチルホルムアミド
 ○スチレン
 ○テトラクロルエチレン
 ○1・1・1−トリクロルエタン
 ○トリクロルエチレン
 ○トルエン
 ○ノルマルヘキサン
            鉛又は鉛化合物を用いて行なう業務
1.鉛化合物を含有する、ゆう薬を用いて行なう施ゆう又はそれらを行った物の焼成
  の業務
2.鉛化合物を含有する絵具を用いて絵付け、又は絵付けを行った物の焼成の業務
3.電線又はケーブルを製造する工程の鉛の溶融等、若しくは加工の業務等
4.自然換気が不十分な場所におけるハンダ付けの業務
5.動力を用いて印刷する工程における活字の文選、植字又は解版の業務等があります。

  労働安全衛生法施行令別表第4に掲げる鉛業務