to English
大脇の梯子獅子の題字
大脇梯子獅子
無形民俗文化財愛知県
伝統芸能獅子舞

梯子獅子について

 豊明市の名物行事として知られる「大脇の梯子獅子(はしごじし)」、四百有余年前から伝わる五穀豊穣を祈る神事です。
 高さ12メートルという櫓(やぐら)の上で繰り広げられる華麗で勇壮な獅子舞は、今や豊明市の秋の風物詩でもあります。梯子獅子は全国的に見ても珍しい行事です。

::: お知らせ :::

毎年10月第2日曜日に奉納します。
令和4年度は10月9日(日)。
第1部 午後1時より午後3時。
第2部 午後3時半より午後8時。
尚、天候等により予定時間の変更や、翌週に延期の場合もございます。

【令和4年度奉納演技のご案内】
 10月9日(日)の奉納演技は新型コロナウイルス感染症の感染予防のために、
 県のイベント開催時に必要な感染防止策に準じた感染対策の上で練習を行い、
 無形文化財の伝承を優先し、演技の変更や来場者の制限等も予定しています。

::: 更新情報 :::

2022/03/27 新会長に 青木 規久範 就任
2019/10/21 令和元年度の奉納は無事終了しました。
皆様のご観覧、誠にありがとうございました。
2007/05/01 新会長に 青木 望 就任
2005/09/20 愛・地球博にて奉納しました。
 
 
 

::: 大脇の梯子獅子へのお問い合わせ :::

保存会長 青木 規久範
hashigojishi@gmail.com