摩擦圧接機の日東制機。ホーム画面へリンク 言語変更の地図日本 [変更]|お問合せ

最適な摩擦圧接機をご提案する  日東制機株式会社
|ホーム |摩擦圧接とは? |製品情報 |マシン導入例 |サポート情報 |会社情報 |マップ
ホーム > 摩擦圧接とは?
低炭素社会の実現へ“小入熱化”で応えます。それが摩擦圧接です。

| 摩擦圧接とは?

 
  摩擦圧接(摩擦溶接)は、金属同士を突き合わせ回転接触させることで発生する摩擦熱のエネルギーを有効に利用し、高い圧力を加え接合する工法です。鋼材からステンレス、銅、アルミ、チタン等の異種金属の接合が可能で、摩擦圧接部は高い強度が得られる。

  また、溶接棒やフラックスが不要であり、スパッタやヒュームも出ないので自然環境にやさしい。さまざまな産業分野(自動車・鉄道車両・建設機械・船舶・産業機械など)で幅広く導入されています。

  今、低炭素社会の実現に向けて、溶接に伴うエネルギーをできるだけ下げる 「小入熱化」 が求められております。接合温度を融点以下に抑え、溶かさずに固相接合する 摩擦圧接(摩擦溶接) が注目されております。

小入熱化で接合部材の変形も少なく、スパッタ・ヒュームも無い。溶材不要でサイクルが早く、再現性がある。他の接合工法とは一線を画す 摩擦圧接(摩擦溶接) で、あなたの生産現場に革命をもたらします。

参考文献) 摩擦圧接協会編 「摩擦接合技術」 日刊工業新聞社

受託加工業者のご紹介
小ロット生産や試作テストなど摩擦圧接の受託加工のご相談は、こちらの業者へご相談下さい。
外部リンク
摩擦接合技術の書籍リンク
「摩擦接合技術」
摩擦圧接協会編 / 日刊工業新聞社
Amazon.
摩擦接合技術協会 (JFJA)

摩擦圧接の歴史

人間は木の棒を接触回転させて摩擦熱を発生させ火を起こすことから技術発展の始まりました。物質同士の接触による摩擦熱を有効利用し金属を接合するのが摩擦圧接です。1954年に旧ソ連の旋盤工A.I.Chudikovが摩擦圧接実験に成功し1956年頃からVNIIESO(旧ソ連邦電気溶接研究所)にて研究開発が進められ1961年にはBWRA(イギリス溶接研究所協会)や日本においても研究開発が始まり1960年代中頃から実用化され現在に至っています。


摩擦圧接の原理
金属結晶は規則的に配列している原子で構成されており、正電荷の原子核の周りを負電荷の電子雲と呼ばれる自由電子が雲のように包んでいます。負電荷の電子雲は正電荷の原子核と電気的に引き合っています。一方、原子核同士は正電荷同士のため電気的に反発し合うことになります。つまり、引力と斥力(反発力)が同時に作用しています(図1参照)。
理論上、別個の金属結晶を清浄な面同士を接触させて、強い圧力で原子位置をBより近づけて斥力と引力が平衡状態にあるときに完全な接合状態となります。しかしながら、一般に金属表面には酸化皮膜や汚れ・吸着ガスなどがあり、この酸化皮膜の層が存在するため結合するほど原子位置が近づくことは出来ません。この酸化皮膜の層を完全に除去することが出来れば金属同士は結合することが出来ることになります。摩擦圧接の場合、これらの層を摩擦工程中にバリとして外部へ排出することができ、さらに高温・高加圧することで結晶粒が微細化され完全な結合が可能となります(図2参照)。
金属結晶の構造図 原子間の距離と力の関係 摩擦圧接のビデオ
(図1)金属結晶 (図2)原子間の距離と力の関係 摩擦圧接のビデオ
引張り試験の破断状態 S45C圧接品の断面巨視 SUH31B-SUH3B x400倍
引張り試験 S45C圧接断面 SUH31B-SUH3B x400倍


プロセスとサイクル
プロセス

サイクル

1. 初期プロセス
摩擦圧接の初期プロセス 両側の素材をセットして、一方の素材を回転させ、もう一方の素材を前進させ接触させます。
2. 摩擦発熱プロセス
摩擦圧接の発熱プロセス 突合わせ面より摩擦熱が発生。接合に適した温度に到達した時点で主軸回転を急停止させます。
3. アプセットプロセス
摩擦圧接のアプセットプロセス アプセット推力を一定時間付加することで接合が完了します。その際、カール形状のバリが発生します。
 
摩擦圧接のサイクル図


摩擦圧接の特長
特長

固相接合である。
母材同等の接合強度が得られる。
再現性があり、品質の安定がはかれる。
異種金属同士の接合が可能である。
接合面以外での熱影響が少ない。
少ない部材で圧接することで重切削が不要。
接合に伴うエネルギー効率が高い。
スパッタ・ヒュームなど発生せず無害である。
火花・煙は極僅かで作業環境は良好。
中空化が可能で、軽量化・環境保全に貢献。
機械操作は容易であり熟練を必要としない。
用語解説

【固相接合】 solid-state welding
固相接合は、接合面を加圧し、母材の融点以下の温度で加熱することで、溶かさないままで同種材料あるいは異種材料を接合する技術。固相接合プロセスでは、接合時に接合面の汚染層を取り除き清浄面を得ながら、同時に清浄接合面を接触・密着することを基本としています。溶融接合が困難な金属や異種金属の接合ができる、機械強度や材質健全性の点で信頼性が高い、面接合ができるといった優れたメリットが多々ある。
 
【スパッター】 spatter
ガス溶接、アーク溶接時に飛散する微粒子。粒径は、約1μm〜数mm。塗装欠陥などの原因になり品質に悪影響を与える。スパッタが大量に出る光景は、自動車のボディ溶接を紹介する映像でよく見られる光景であるが、スパッタは電極を押し付ける力を弱め、溶接品質低下の要因ともなる。
 
【ヒューム】 fume
溶接作業などで発生した金属蒸気が凝集して微細な粒子となったもの。長時間吸入することにより金属ヒューム熱と呼ばれる症状を引き起こす。職業性疾病に分類され、咳、胸部圧迫感、口渇、知覚異常、発熱などを発症し、肺水腫になることもある。
 
 


素材形状の必要条件
摩擦圧接可能な素材形状
素材形状の必要条件

少なくとも一方の接合面は円形断面で、且つ、高速回転や高推力に耐えうる部材でなければならない。


適用例
適用範囲が広く、導入目的も広範囲。

摩擦圧接の適用は自動車をはじめ、建設機械、産業機器、航空機、建築土木、
資源開発、宇宙開発に至るまで、適用範囲が広く、導入目的も広範囲です。
さらなる品質向上・安定生産への答え、それが摩擦圧接です。
ボールリンク・ジョイント オートバイ・アルミハブ コンプレッサーピストン エアーバッグ・インフレータ エンジンバルブ ゴルフ・アイアンヘッド

ボールリンク・ジョイント オートバイ・アルミハブ コンプレッサーピストン エアーバッグ・インフレータ エンジンバルブ ゴルフ・アイアンヘッド
モーター・シャフト ステアリング・ラックギア ソレノイドバルブ・コア ターボチャージャー・インペラ エンジン・タペット バタフライ弁棒

モーター・シャフト ステアリング・ラックギア ソレノイドバルブ・コア ターボチャージャー・インペラ エンジン・タペット バタフライ弁棒
建機トラックローラー 建機キャリア・ローラー 建機バイメタル・ブッシュ 建機高圧ホースジョイント 電動工具レンチ レンチ

建機トラックローラー 建機キャリア・ローラー 建機バイメタル・ブッシュ 建機高圧ホースジョイント 電動工具レンチ レンチ
自転車アルミハブ 中空ボール 厚板Z方向引張試験片 位相合せサンプル 架線金具 架線金具

自転車アルミハブ 中空ボール 厚板Z方向引張試験片 位相合せサンプル 架線金具 架線金具
定着板鉄筋 等速ジョイント 氷砕ローラー ローラー・ベアリング Vプーリー クラッチ・ハブ

定着板鉄筋 等速ジョイント 氷砕ローラー ローラー・ベアリング Vプーリー クラッチ・ハブ
サポート 印刷機送りローラー ドア・チェック バンパー衝撃吸収部品 ボールネジ カウンター・ギア

サポート 印刷機送りローラー ドア・チェック バンパー衝撃吸収部品 ボールネジ カウンター・ギア
 
このページの先頭へ
本サイト掲載の仕様は品質向上のため予告無く変更する場合があります。
本サイトに含まれる記述・画像・動画等の一切の無断転用を禁止します。
Copyright© 2017 NITTO SEIKI CO., LTD. All Rights Reserved.